blog index

仲のうえんだより

大学生が集まって耕し始めた「仲のうえん」。今日はどんな発見が!?

無農薬で野菜を作り、自分で食べ、販売する。
農業・環境・食をテーマに、大学生の生の声が毎日届きます。
そのほか、いろんなテーマをざっくばらんに。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
仲のうえんエピローグ〜フォトブック〜
 農場長です。

今回が最後の更新!と前回も言っていましたが

「仲のうえん」では今回こそが最後!



広報部長が「フォトブック」を作ってくれました。

20100417194707.jpg

仲のうえんのメンバー、歴史が刻まれたそのフォトブック






あー、なつかしい、何も無かったんだな、仲のうえん・・・

竹のアーチとか作ったよね・・・





写真に書いてある文面読めますか?


いい絵でしょう。









現在、新たに仲のうえんを始めたケージ君は、仲のうえんの円形の畑を



きれいに


きれいに


まっすぐ畝を作ってやっているようです。



いいんです、やりやすいようにやれば







さぁ、もう一回告知

われわれ仲のうえんは書くことを止めたわけではありませんし、行動しなくなったわけでもありません。


ブログを
http://wearedevelopers2010.blog110.fc2.com/

ここでは「仲のうえん」として記事を書き



そしてもうひとつ、「シゲンたちがチョクゲン」するブログ でもいろいろ書き始めました。
(こちらは携帯から読みやすい)
気になる人はググってみてください。


今まで読者になってくれてありがとうございました!!

そして、これからも読者になってくださいね!
| 仲のうえん | 農場長 | 20:44 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
新しいブログに加入しました
仲のうえんの農場長N野です。

新しいブログに関する連絡が遅れまして、大変失礼いたしました。

ブログのあり方を試行錯誤してはや2週間。昨日、「仲のうえんをお気に入り登録してたのに、やめちゃうの?」と友人に言われ、やっぱり色々書きたいと感じました。


仕事が始まって、今までよりは機動力に欠けるので内容が薄くなったり今までよりは更新が滞るかもしれないけど、

今まで何回か行っていた、茨城県つくば市小田にある「宝篋山」(読み方:ほうきょうさん。宝箱の山という意味)の活動のブログに仲間入りしました!

「先駆村」
パソコンから
http://wearedevelopers2010.blog110.fc2.com/
携帯から
http://wearedevelopers2010.blog110.fc2.com/?m


40年くらい放棄されて木が繁茂している山の麓を開拓し、地元の方と一緒になって野菜・米・焼き物・蜂蜜・小屋などありとあらゆるものを作り出そうとする活動。農場長もそこに加わって何か伝えられることがあればと思います。


農場長は仲のうえんという名前、他のメンバーもそれぞれの名前で、「先駆村」というブログにどんどん書き込んでいきたいと思います!

これからもよろしくお願いします!
| 仲のうえん | 農場長 | 09:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
飛翔
農場長です。

卒業式終わった後に、ごまかしきれない風邪を患いながら、つくばでお世話になった農家さんたちに、卒業の挨拶をしてきました。

7軒訪問。(もっともっとお世話になった農家さんはたくさんいましたが、何と言っても動くのが遅かった)

農場長が4月から働く、農業分野の金融機関の話をしたり、
今後の抱負を語ったり、
また遊びに来てもいいですかと聞いたり、
色々伝えました。

農家さんはたかが一大学生が卒業するぐらいで といった形ではなく、仕事の手を休めて、お茶まで出してくれたり、とにかくじっくり時間をとって話をしてくれるのです。


そこで、気づきました。気づかせてくれました。

それは

仲のうえん を始めて、色んな人から応援されたりとか取材を受けたりとかして、正直、「自分たちでやってきた」という自慢げで鼻高々な気持ちが、少なからずありました。
しかし、全然違いました。

毎度お世話になっている上郷の石田農園さんを訪問した際に、「そういぇばー、2年前か?仲野君に、自分で畑を耕してみたらよかっぺって、言ってたなー」と、言われました。
その言葉を聞いて、ドキッとしました。恥ずかしながら、それを言われるまで気がつかなかったのです。農家さんがあっての、仲のうえんだということを。

これからどういった形で恩返しができるのかわかりませんが、感謝と謙虚な気持ちを忘れずにいたいと思います。


そして、これからの仲のうえんは、二つの報告に向かいます。

一つは、仲のうえんとして使っていた土地自体の引き継ぎです。

仲のうえんはもともと、耕作放棄地。それを1年借りて、はいさよならではさみしい。
「卒業したら畑はどうなっちゃうの?」という問いに対して、「耕作放棄地に逆戻りですね」とあっけらかんと皮肉混じりに答えていながら、どうしても淋しさがありました。
しかし、仲のうえんを継ぎたいです!と、メールですらアツいメッセージを感じることができるくらいの連絡が来ました。

彼は農場長の後輩、生物資源学類の、次期2年生のケージくんです。次期3年生のゴリくんとも一緒にやるそうです。

土地を借りるのは努力と信用次第。ブログをやるかどうかは彼らのスタンス次第ですが、畑をやると言った以上、汗水垂らして頑張ってください。


もう一つ、このブログをどうするかということ。

「仲のうえんだより」は仲のうえんだよりとして残しておいて、生物資源学類の多様なメンツからのメッセージを発信するブログを新たに作りたいと思います。(名称未定)

4月1日から発信する予定なので、たまにのぞいてみてください。(タイトルをすぐ決めなきゃ)

仲のうえんは飛び立ちます。今まで応援してくださった方々、本当にありがとうございました!
| 仲のうえん | 農場長 | 17:11 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
仲のうえん卒業式
 農場長です。

昨日、仲のうえん卒業式をしました。



われわれ仲のうえんの土地を貸してくださった地主さん宅へ。

愛犬

ベスちゃん。トシだけど大丈夫か?!


さて、卒業式は何をしたかっていうと、畑をきれいにしました。
本当にいろいろ経験できました!ありがとうございました!


食育

試行錯誤

やはり米農家の長男。トラクターさばきは一流の食育推進部長。





総務&広報

広報も余裕の運転。総務だって余裕で運転。
トラクターにまたがる女子大生の写真は、あまりに刺激的過ぎたのでカット。農場長のトラクターをこねくり回す写真は、あまりに普通なのでカット。

最年長にして最年少のようにトラクターで遊ぶ、無免許の法務(私有地だからオッケ!)


法務

法務


収穫も

迫り来るトラクターにやられないように、地面に植わっていたにんじんやらごぼうやらを懸命掘り続ける農場長。みんなはトラクターに夢中。

・・・


終わった。


機械を使えば早いの何の。

最初は鍬ひとつですべてベッドを作ったり畝を作ったりして、結局ガソリンを使った作業はこのトラクターが最初で最後。


あっとゆーまに片付いて、平らになった仲のうえん。

あっとゆーまな1年間でした。


ご飯

地主さんの家に、借りたトラクターを返しに行ったら、「食べていきな」と。
目がやられそうになるテーブルクロスに並べれた、手作りのスシ。

ありがたくペロリ。うまい!!もちろん大部分は総務がペロリ。


ありがたいことに、地主さんから卒業記念に花をいただきました。
横須賀の庭に植えたいと思います。


よし、これで最後・卒業記念撮影だぁぁ!



「仲のうえん」で撮り忘れたので、今年食育が借りた畑の前で撮る 笑





卒業!

こんなナーナー具合も、仲のうえんらしくていい。

(畑といえども、ごみ収集場に隣接していて、消火器が捨てられているような食育の畑は、大丈夫なのでしょうか・・・?)





ありがたいことに、「仲のうえんはなくなっちゃうの?」とか、「仲のうえんのブログはどうなっちゃうの?」という問い合わせがやや寄せられています。

それについては仲のうえんのメンバーで相談しましたが、明日、ブログにて詳細をお伝えしようと思います。
| 仲のうえん | 農場長 | 19:46 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
決算
農場長です!


さてやっと計算できました仲のうえんの決算!


いやーお金なんてプライスレスな経験と比べたらなんのその!とはいいつつも大事なのでね。

仲のうえんをやって、いろいろあった。

発足当初は、「仕事してるときに喉が乾いたら飲み物を経費で買っていいけど、申告制にしよう」とかムチャクチャな決まりしかなくて、

ファーマーズマーケットやエコプロに出てみたら交通費と昼飯をドカンと経費から出すと残った利益は雀の涙ぐらいで


学園祭ではハコモノへの初期投資がかさんで残念なことに利益は諭吉ほどもいかずに


名刺とか仲のうえん夢袋とか野菜の種とか結構あまりーの...


マイナス13602円

赤字で仲のうえん終了です(笑)
労賃含めたら破綻ですね(笑)




でも種とか夢袋とか草刈り鎌とかの資産が次年度へ繰越されると考えたら安いもんじゃー

こんなにいい経験ができて、この値段かと考えると、充分いい投資だったね。

あと最後に!
俺らの最高の集合写真を額縁に入れて、メンバーに渡したら会計をしめるとしましょう。
| 仲のうえん | 農場長 | 23:28 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
激動の学生生活への終わり
 農場長です。

生物資源学類といういわゆる農学部に所属して早くも4年が過ぎ、昨日卒業式がありました。


大学なんかでは何も教えられていません。

でも何をしたいのか、そのために何をするのかを考える力ができました。

それに、一番大きな、友情が得られました。



生物資源学類とは、他の学類とは違って「とにかくお酒を飲む」というイメージで代表されるように、仲のいい学類だと言われています。


そんな学類の仲をいい状態で維持するために、仲のうえんのメンバーは「仲のうえん」という活動以外でもたくさん頑張ってくれました。


農場長はいつも資源のまとめ役のような威張った役をやってきたのですが、卒業するにあたってこんなものをもらいました。


ネクタイと




花束。(もちろん花瓶はペットボトルを切って作成)

先生なんかからではなく、

学類の友人からこのような形で感謝の気持ちがあるというのは、何よりうれしいことであります。




お金がたくさんあったって、モノをたくさんもっていたって、ハイテク機器がたくさん所有していたって、すごいものを作る技術があったって、人との太いつながりにはかなわない。

最後に残るのは、人のつながり・ぬくもり。



卒業式で終り!ではなくて、本当の付き合いはこれから。われわれ仲のうえんにはいい人材が揃ってるから、仲のうえんのエネルギーで一番「仲」のいい代にしてこー!
| 仲のうえん | 農場長 | 12:33 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
また届きました!
 農場長です。

TOKYO URBAN LIFE がまた農場長のもとに届きました。

こんどは





どーん!!


200部!


欲しい人手を挙げてください。



卒業式(3月25日@大学会館)の際に、入り口脇とか、手に取りやすいところにおいておきますので取ってみてください。


ちなみに農場長は武士の格好、食育は江戸の商人みたいな和服で参列します。
雨らしいので、明日和傘を買いに行ってまいります。
| 仲のうえん | 農場長 | 23:40 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
プライスレス。


私たち仲のうえんのメンバーは昨日、ある検定試験を受けてきました!
@法政大学。


試験前に、気合いを入れて記念撮影!*縦にできません・・・



・・・

おろろ・・・?         *縦にできません


おぉぉぉ。
そうです、NHKの大河ドラマで話題の坂本竜馬!
第2回という歴史を誇る人気試験。




・・・
それと同時開催の「家庭菜園検定」であります。


二つの看板で記念撮影をしたのは、多分うちらだけでしょうね。
警備員さんも笑ってました。

会場入りした私達は驚きっぱなしでした。

まず
受験者がおじいちゃんだらけ
さらに
公式テキストの著者による激励会&サイン会に長蛇の列。

なんだか異様な雰囲気にわくわくしました。
「ルーペ持ち込み可」ってアナウンスされる試験なんて、初めてだし。

広報・食育・総務が受けた2級は4択問題が70問。
50問正解で合格です。

Q1.「すずな」は何の野菜か?
といったトリビア的な問題から

ナスの英名はエッグプランツですよ。
といった簡単な問題

発芽最適温度で間違っているものは?
トマト25℃〜30 レタス18℃〜25 ハクサイ18〜22  ピーマン18〜20
といったアワアワする問題まで。


農場長が受けた1級は
なんと10問しか間違えられない 筆記試験
しかも受験者がほぼプロの農家さん(推)っていう!

***********************

全く受かる気のしない4人なのでした。
色んな時間を犠牲にしてそれなりに勉強して臨んだ分、
ショックは大きそうです。

いや、本で勉強した内容よりも実践が役に立った(邪魔をした)という感じでしたね。
私個人的には色んな知識が増えて楽しかったです。
「コールラビ」って実在する野菜なんだ!・・・とか笑


帰りは農場長の車でつくばへ。
農場長のニュージーランド話と
食育のオーストラリア話をたくさん聞けました。
こんなに生命力の強い人たちでも 心が折れるほどの
「言葉が通じない」という環境。
私も体験してみなければなりません。

エジプト、ガチで行こうかな。

************************

オーストラリア土産のブーメラン
がらくたブーメラン
「ガラクタ」が大好きという広報(笑)が、 大絶賛!
私もこういうもの、大好きです。ありがとうございます。
*************************

というわけで

5000円払って「家庭菜園検定を受けた」という思い出を買いました。

認定証より思い出。

プライスレス。


次回はみんなで竜馬検定、受けましょう。

| 仲のうえん | 農場長 | 19:48 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
農場長の一人笑い 動物とガーデン編
 
農場長です。

ニュージーランド滞在の続きです。

まずはウーフ(WWOOF)という組織について軽く触れよう。
有機農家や環境保全型農家が受け入れホストとしてウーフに金を払って登録し、
そんな環境志向のホストのところでファームステイをしたいと考える
農場長みたいな人が金を払って登録する。
(それぞれの国ごとで登録して5000円くらい?1年間有効)

登録したら1日5時間程度の仕事と引き換えに、
ご飯3食と寝床を与えてくれる。とっても素晴らしいっしょ。

 




田舎料理と
現地の人と触れ合えるってのと、
自然を感じられるって・・・・・・三拍子揃っちゃったって感じでしょ!

オークランドについて半日を市内観光して、
早速最初に泊めさせてもらうホストに電話するも
まったく英語が聞き取れないわ喋れないわ。
いくらなんでも渡航前に英語を少しでも勉強しとくべきだったね。
なんとか出会うことができたホストマザー。
 
今回最初にお世話になったホストはエコビレッジの中のひとつの農家で、
事前には

 
ガーデンでベジタブルを作り、
馬、
豚、
鶏、
たくさんの牛、
3匹の猫、犬一匹がいて、
ラブリーなハウスを作り、
ビューティフルなシーナリーが広がり、
パーマカルチャーのプリンシパルにのっとっている
 
 
となんとも素晴らしい情報を仕入れていたので、うっきうっきわっくわっくしてた。

けど、想像を越えた。


ガーデンはまさにガーデンといった感じで、
レンガを70センチくらい積み上げて作った区画に土を入れて、
野菜は自分が食べたいというものを無農薬で作っていた。
それに、たくさんの作品もあった。
(粘土で作った女性の裸の像や、
陶器製の鶏などのたくさんのアートでいっぱいだった)

 
 うひょー!豚かわいーぜ!
豚5匹(ピギーズ)が柵の中ではあるが果樹園の中を走り回って
土をひっくり返して雑草をいい具合に抑制し、
食事残渣をすべてきれいに食べる。
電気柵を越えて脱走したりもするくらい元気で健康だが
とても賢明なわんちゃんが吠えて追い掛け回すことによって脱走豚は柵に戻ってくる。

 
 
鶏に関してはまったく囲いがなく、
あるのは雨をしのぐため・卵を産むための屋根付きの小屋のみ。
野性味溢れていて、木の上まで登ったりする。
たまにりんごに傷を付けたりするが、
害虫による食害の少なさには目を見張るものがある。
また、ガーデンのアブラムシやアオムシを食べたりするために、
鶏の働きぶりにはホストも大絶賛だ。

 
 
 

それにしてもなぜ動物たちが逃げないかというと、

 
「胃袋を握っているから」だと思う。

 
 
毎朝鶏小屋の前に餌をやったり豚に餌をやるのがルーティーンだが、
(これらの餌は大半が購入した餌)
彼らは、「人間ってのは餌をくれるいいやつだ」と理解している。


 
こうやって動物を飼えばいいのか、なるほど、なるほど、と、ほくそえむ。



 
 

 
ニュージー滞在記は続く。 
 



 
 
さて、明日はついに家庭菜園検定
農場長は1級の受験です。
広報と食育、総務は2級にチャレンジ。



勉強せねば。
| 仲のうえん | 農場長 | 18:18 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
農場長の一人笑い ラグビー編
 農場長です。

晴れて帰国しました。
怪我なし、若干太って至って健康!
2週間で航空券から滞在費もろもろあわせて17万でしたーウヒー!


さて本日から三回にわたってNZでどんなことを感じたかを報告いたしたい。
とにもかくにも笑うのが大好きな農場長の旅行
今回はオークランド編。

New Zealandの首都はウェリントンですが、ブラジルの首都がサンパウロだと思われるのと同じ勢いでオークランドはとっても賑わっているのです。

さてそんなオークランドには、到着日の半日と、出発前夜の合計して24時間もいなかったってゆーね!

到着してからは興奮しておおきなバックを担ぎながらもオークランド市内を歩く、歩く!

そして食べる、食べる!

われらの強い見方「地球の歩き方」(このスケールのでかい名前、いいね)によれば、

ニュージーランド料理ってのがあるらしいじゃないかっ!がしかし、ニュージーランド料理っていってもフィッシュアンドチップスを代表としたイギリス食文化の影響が色濃いのだ。つまり、農場長はそんなにニュージーランドらしい料理ってのがいまいちつかめなかったのだ。

なので、

トルコ料理だとか寿司とか食う。(寿司と一緒に頼んだ味噌汁は、インスタントだなと即座にわかった)
生魚を食べない彼らにとって最高の寿司ネタはアボカドだね。



ニュージーランドはラグビー大国。
http://www.youtube.com/watch?v=tdMCAV6Yd0Y&feature=related

ラグビーやハカ(マオリ族伝統の威嚇ダンス)が、NZのそこいらじゅうで見れるんだろうなと思っていた。日本の公園をひとたび見れば、そこには草野球やサッカーをしている少年らであふれかえっているではないか。それと同じように、NZでもそこいらじゅうで草ラグビーをしているだろうという妄想を膨らませた。そのため、もちろんスパイクと横須賀高校と刺繍の入ったパンツと、ストッキング、ヘッドキャップ、マウスピースを持って歩いた。

農場長はどうしても本場のラグビーマインドに触れたくて、どーうしてもこんなかっこいいハカをみたくてNZに来たと言っても過言ではない。(もちろん羊毛刈り体験もしたいぞ。)

しかしラグビーとはまったく触れ合う機会の無かったファームステイ(どちらの農家もラグビーよりサッカーにお熱だった)。
ラグビーに触れ合うことができるのは、最終日のみ。

夕方にオークランドにバスでついて、大きな荷物をホテルに置いて、ラグビー用品一式持って、すぐにオークランド内を歩き回る。


まずはオークランド大学だ。

ここに行けばほぼ間違いなく一人くらいはラグビってるだろう。


結果は否。そんなラグビーができるくらいのスペースはなかった。


そうか、スペースの問題か!



公園へ行こう。


オークランド・ドメインというめちゃくちゃでかい公園があるではないか!

歩くこと10分。


ついたのはとても広大で平坦な敷地。ボールを追いかけまわる姿がちらほら・・・





サッカーしてるぅ!”




そう、そこにはサッカーか野球っぽいことをしているニュージーランド人しかいなかったのだ。3haくらいある、その広大な土地に、ラガーはいなかった・・・ここはニュージーランドなのか?



とぐるーっと歩いてみたら、妙な転がり方をするボールを発見!
斜陽でよく見えないが、あれは間違いなくラグビーボールだ!

と、唯一見つけたラガーマンは小学生くらいの(とはいっても農場長くらいの身長はあったか?)5人組。

交ぜてくれー! なんていえません。


ほくそえみました。



次からはファームステイの体験を報告します笑
| 仲のうえん | 農場長 | 21:50 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

bolg index このページの先頭へ